ファスティング中は厳禁!NGフード

こんにちわ♪濱中です(^^)/ファスティング中うっかり食べてしまってファスティング失敗…って事がないように代表的なNGフードをいくつか紹介します。

1、白砂糖   白砂糖の成分「ショ糖」は、ブドウ糖と果糖がくっついてできています。単体ならば質のいい栄養素ですが、結合している場合は吸収分解するのにたくさんの酵素を消耗してしまうため、ファスティング中はできるだけ控えましょう。甘味にはアガベシロップやハチミツ、メープルシロップを使うようにしましょう。

2、食品添加物   食品添加物は酵素の働きを妨げ、浪費させるため、できたら摂らないようにしましょう。様々な健康リスクの問題があると言われながら、現状日本人の食品添加物摂取量は年間数キロ単位にもなるそうです。スーパーやコンビニでお買い物する場合は、食品の裏ラベルをチェックする習慣をつけ、無添加のものを選ぶようにしましょう。

3、肉〈動物性タンパク質〉   肉などの動物性たんぱく質を摂りすぎると、消化不良の原因になり酵素をたくさん消費してしまいます。ただ、肉には体にいい栄養素も含まれていますので、摂るならば肉は週に200g以内、鶏卵は5個以内を目安にしましょう。できれば、肉の代わりに大豆でできた食品を摂ることがベストです。

4、白米・白いパン・うどん(高GI食品)   GIとは、炭水化物の吸収速度を表す指標GI値が高いほど吸収速度が早く、血糖値を急激に上昇・下降させる食物ということになります。高GI食品は脂肪を貯蓄する働きを促すためファスティングには大敵です。GI値の高い食物の代表が、白米や白いパン、うどんなどの「白い食べ物」。代わりに穀物や玄米、穀物パンやライ麦パン、そばなどのGI値の低い食べ物を選ぶようにしましょう。また砂糖も高GI食品になります。

5、過酸化脂質・トランス脂肪酸   「過酸化脂質」とは、酸化した油のことです。使い古しの油、時間が経った干物やフライ、天かす、油の多いスナック菓子、保存状態が悪い乾麺など、日持ちが良さそうな食品でも時間が経過するとその油は酸化します。また、日本産のマーガリンや菓子などに使われるショートニングなどに含まれる「トランス脂肪酸」はNG!市販の食品を買う場合はできるだけ質の良いものを選ぶようにして下さい。

6、生の植物の種   植物の生の種には、酵素抑制物質が含まれています。これは植物自体が生育するのに適した季節や温度などの条件が揃うまでは芽を出さないよう、酵素の働きを制御しているためで、生の種を食べるということは、酵素抑制物質を体に取り込むことでもあるんです。キウイやトマト、イチゴ、オクラ、キュウリ、ナスなど取り除くことが難しい小さな種は問題ありませんが、みかんやスイカ、ブドウ、梨、リンゴなどの種は取り除きましょう。また、玄米、小豆、大豆などは「ABA(アブシジン酸)」と呼ばれる酵素抑制物質を待っているので12~20時間は浸水が必要です。

酵素を大量に消費してしまうNGフード!!これらに気を付けてファスティング中頑張り、キレイな体、美肌目指しましょう★

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる